ハワイ挙式の費用は結局いくらかかるの?実際にかかった費用を公開します!

最後まで読んでいただきまして有難うございます!何かしらの参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。シェアボタンはこちらからどうぞ。

どうも、ねひつじです。

前回ハワイ挙式のメリットについて記事を書きましたが、

結婚式をするなら絶対ハワイ挙式がオススメな5つの理由
結婚式をするなら絶対ハワイ挙式がオススメな5つの理由
どうも、ねひつじです。 私は2016年に結婚し、9月にハワイで挙式を行いました。 そろそろ1年が経とうと...

これから挙式を考える方たちがなんだかんだ一番気になるのは、

海外挙式の方が国内挙式より安いと聞いたことがあるけれど、実際どうなの?
費用は結局いくらかかるの?ってポイントだと思います。私はそうでした。

今回は私たちの挙式プランを例に、お金の話をしようと思います。
当たり前ですが、プランによって金額は全然変わってくるので大まかな費用の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




実際にかかった金額

さっそく実際にかかった金額を見ていきたいと思います!

ざっとこんな感じです。

私たちが挙式にかかった費用は152万3,400円でした。

これに、

  • 航空券代
  • ホテル代

が別途でかかってきます。

でもここでは話がややこしくなるので、とりあえず置いておきましょう!

国内挙式の平均額は?

次に、国内挙式の全国平均の総費用額と招待人数を調べると

総費用額360万円、招待人数70人でした。(※ゼクシィ調べ)

70人全員から3万円のご祝儀を頂けると仮定すると、

360万円−70人×3万円=150万円が実際にかかる費用です。

つまり、国内挙式のあとにハネムーンに行くことを考えたら同額くらいになる!という結果になりました!

どちらが自分たちに合っているか

ご覧頂いたとおり金額面で大きな差はないので、どちらが自分たちに合っているのかで判断したら良いと思います。

普段からお世話になっている方々にじっくりとおもてなしをしたい! というのであれば国内挙式がお二人には合っているでしょうし、

私たちみたいに挙式は海外で身内だけで気兼ねなくやって、友人へのお披露目は1.5次会(帰国後パーティー)という形も良いと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冒頭でも言いましたが、プランによって金額は大きく変わります。挙式の準備を進めていくと、あれもこれもとなりやすいので費用を抑えたいのなら注意が必要です。

コツとしてはこだわるところ/ケチるところを明確にしましょう!

私たちの場合は写真撮影とメイクにこだわりました。反対にアルバムは一番安いのにしました。写真のデータがあればアルバムはあとから好きなように自作もできます!

また、分からないことはブライダルサロンに行ってガンガン相談しましょう!
無料ですし全然イメージの湧き具合が違いますので。

二人でよ〜〜く話し合って、納得の行く最高の結婚式にしてくださいね!

それでは、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




最後まで読んでいただきまして有難うございます!何かしらの参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。シェアボタンはこちらからどうぞ。

フォローしていただけると更新を見逃しません!