好きなことで生きていく為に勉強したら大体同じことが書いてあったのでまとめてみた

最後まで読んでいただきまして有難うございます!何かしらの参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。シェアボタンはこちらからどうぞ。

近年、YouTuberやプロブロガーの台頭により

『好きなことをして生きていく』という言葉をよく聞くようになりました。

ホリエモンこと堀江貴文氏も、かねてからずっと同じことを言い続けており

著書もたくさん出ています。私も何冊も読みました。

考えてみれば、私は好きで会社を継ぐことにしましたが

小さい頃から親の職場へ出入りし、そこで経営者として働く父の姿を見ていたので

心の何処かで継ぐのが当たり前のようにも感じていました。

今の仕事は自分の好きなことにはかわりはないですが、それはレールの敷かれた道でした。

もし、そのレールとは他にもう一本自分でレールを引きながら違う景色を見に行くことができたら。

最近はその想いが強くなり、好きなことをして生きていくために本やブログを読み漁りました。

そうしたら、大体同じようなことが書いてあり『本質』が見えてきたのでまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




好きなことが仕事になる3ステップ

1.夢中になるものを見つけること

私の好きな言葉でBEAMSの代表取締役である設楽洋氏が言っていた言葉があります。

「努力は夢中には勝てない。」

夢中になれることって物凄いエネルギーを発揮できるんですよね。

まずは自分が時間も忘れて夢中になれる事を見つけることです。

ゲーム、読書、ナンパ、掃除、etc.それは何だって構いません。

自分が今現在、本当に夢中になれるものを認識することが最初の一歩です。

そうすると、夢中になれるものが無いという人がいます。

自分には見つからない、と。

はたして本当にそうでしょうか?

こんなものに夢中になっているなんて他人に言えない、恥ずかしいとか

いくら好きでもこれが仕事になるわけがないとか、

知ってか知らずか自分の本心にフタをしていませんか?

自分に嘘をつかず、心の声に素直になって夢中になれることを書き出してみてください。

きっと何かしら見つかるはずです。

それでも難しいという人へ。

少しでも興味のあることを片っ端からやってみてください。

そして、その事柄に打ち込んで『小さな成功体験』を積むことが重要です。

成功体験を積んでいくうちに夢中になっていく場合もあるし、

やっぱりこれは違うなって思えば、他のことに手を出せばいいだけの話なのですから。

2.毎日発信する

夢中になれるものが見つかったら、次はその『熱い思い』を毎日発信するということ。

今はTwitterやInstagramなどのSNSやYoutube、ブログなど誰でも簡単に情報を発信できる環境が整っています。

これってすごく恵まれていることだと改めて思います。

伝えるツールはいくらでもある。

好きなことが仕事になる社会になった。

あとはやるか、やらないかだけです。

情報を発信し続けていると、

あなたの良さを認知してくれる誰かに思いを届けられる日がいつかきます。

結果、同じような志を持った仲間や、あなたの事を応援してくれるファンができます。

3.ひたすら継続する

1と2ができるようになったら、あとはそれをひたすら継続することです。

ホリエモンは自著でイチロー選手を例に挙げていて、それが分かりやすかったです。

イチロー選手は「”誰にでもできること”を、”誰もができないほどの量”を継続したから結果を出せた」のだ。

引用:好きなことだけで生きていく。

まさに、継続は力なり。

あらゆる成功者が著書やブログで継続力の大切さを語っています。

つくづくこれが真理なのだと思います。

ひたすら継続して、誰も到達できないくらいまで「夢中」を発信し続けましょう。

まとめ

『好きな事で生きていく』ためには、とにかくやってみる。

シンプルで当たり前のようですが、結局それしかないんです。

やりながらどんどん改善して、成り行きを楽しみながら見守りましょう。

もし、この記事を読んで少しでも何かやってみようかな・・・!って思い立ったら

今日からすぐに始めてみましょう。

どんな小さな事でもいいです。

Twitterに登録して一言つぶやいてみるとか、ブログサービスに登録してみるとか。

私もこれからもやり続けていきます。一緒に頑張っていきましょう!

そして何より大事なのは、コツコツ淡々とバッターボックスに立ち続けるということ。

『夢中』というバットを持って、『熱い思い』を乗せたボールを打ちまくりましょう。

それはいつしかホームランボールになって誰かの元へ届きますから!

それでは、また!

オススメの書籍

この記事を読んで、自分もそういう生き方をしてみたい!
と興味を持った方に最初の一冊目としてオススメです。
とにかく読みやすいし、ぶっちゃけこの一冊読めば似たような本は読まなくていいと思います。

こちらは上の本とはまた別の角度のもの。
「試してみることに失敗はない」
「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」など
とにかくやってみよう!という気持ちになるアドバイスが散りばめられています。
手元に置いて何度でも読み返したくなる、いや読み返してしまう名著です。

他にもまたオススメが見つかれば追記していきます!
スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




最後まで読んでいただきまして有難うございます!何かしらの参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。シェアボタンはこちらからどうぞ。

フォローしていただけると更新を見逃しません!