ユニクロU 2017秋冬おすすめアイテムレビュー!

最後まで読んでいただきまして有難うございます!何かしらの参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。シェアボタンはこちらからどうぞ。

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/UniqloU/men/

10月6日(金)ユニクロU 2017年秋冬 第1弾フルコレクションの販売開始となりました。(※一部の商品は11月上旬販売開始です)

今年のユニクロはイネスコラボ・ JWアンダーソンコラボ・ユニクロUと注目の三本立て。

その中でもユニクロUの前評判はいまいち盛り上がりに欠ける印象でしたが、実物を見てみると「おっ!」となる面白いアイテムが多かったです。

個人的には今回のコラボの中で一番良かったかな!

私が実際に購入したおすすめアイテムをさっそくレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




ボトムス

ワイドフィットジーンズ+E

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402774-69

これは写真より履いたほうが良く見えるパターンのアイテムですね。

実際に履いてみると形の良さにきっと驚くと思います!

ワイドといっても強烈なテーパード(もも周りから足首にかけて細くなっていく形)がきいているので、思っている以上にスッキリとしています。

もも周りの形は出ないのに、丈は9部丈くらいで足首の細さが強調されるため脚の形がキレイに見えます。

私はひどいO脚で脚の形にコンプレックスがあるため、履いたときはそのシルエットに「おおっ!」と感動しました。

インディゴカラーを購入。

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402773-08

こちらの『コットンツイルワイドアンクルパンツ+E』も同じシルエットでかなり良さそうだったのですが、サイズ欠けしていてとりあえず見送り。

こういったパンツを持ってない人はマストバイではないでしょうか。

パンツは近年ワイドフィットが浸透しつつあり、メンズにもその流れが少しずつ来ています。(トレンドは通常、レディースから数年遅れてメンズに浸透していきます。)

「ワイドパンツが流行ってきたのは感じるけど、まだ抵抗あるなあ」という人でも今回のコレクションは試しやすいのでは。

ニット

メリノブレンドハイネックセーター(長袖)+E

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403165-01

ミドルゲージで品のある印象。

肉厚で少し重みを感じるようなしっかりとしたニットです。

首の高さがちょうどよく、顔周りにボリュームがあると小顔効果があるので一枚で着てもサマになります。

インナーとしてコートの中に着たときも程よいアクセントになるので、このようなニットは一枚あるとかなり便利です。

今回のコレクションは全体的にワイド目に作られていますが、私はもっとゆったりと着たかったのでワンサイズアップしてオフホワイトを購入しました!

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403170-37

当初はこちらの『メリノブレンドタートルネックセーター』を購入予定でしたが、試着してみると首周りのリブがキツく、かなりフィットしてクッションが思ったように作れませんでした。

どう見てもむち打ち症の治療中にしか見えなかったのでハイネックに変更しました。

(私の首の短さが原因なのか・・・?)

オフホワイト以外の色でしたら平気かもしれません。

メリノブレンドモックネックセーター(長袖)+E

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405292-68#thumbnailSelect

今回のニットの中で最も上品な印象です。

ハイゲージでなめらかな肌触り、モックネックが今っぽいシルエット。

ユニクロ既存のラインのエクストラファインメリノももちろんいいのですが、それとはまた違った表情なので一枚あると新鮮味が出ておすすめです。

サイドにスリットがあるのもワンポイントで面白い。

ワンサイズアップしてブラックを購入。

ライトアウター

ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ(長袖)+E

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400668-18

秋口にぴったりなアウター用のフランネルシャツ。

通常のフランネルシャツより肉厚で、ゆったりオーバーサイズで合わせる感じ。

生地に起毛加工がしてあり、ヴィンテージ感のあるワークシャツのような表情なのですがドロップショルダーとルメールお得意のずれ落ちた胸ポケットが今っぽい。

ボタンが若干チープですが、同系色で目立たないのでそんなに気になりません。

気温が微妙でアウターに悩む秋口にめちゃくちゃ使いやすいと思います。

海外スナップで見るような、アウターにシャツを合わせている人が日本にはあまりいないので、簡単にできる差別化としてもおすすめです。

今年っぽいワインカラーを購入。

ボアフリースカーディガン+E

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402251-69#thumbnailSelect

今回のユニクロUコレクションの中で一番人気だったのではないでしょうか。

とくにベージュが人気でオンラインでもすぐに全サイズ完売となりました。

クセがあってかなり面白いですが、着こなしが難しいので正直こんなに人気が出るとは予想外でした。

売り場を見てると女性にも人気があったのかな。

このアイテム自体はどカジュアルなので、他をドレスライクにバランスを整えるコーディネートがおすすめです。

ベージュを購入。

アウター

ブロックテックコート+E

photo:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402354-57#colorSelect

王道のクラシックなステンカラーコートが、ドロップショルダーと膝までくるロング丈で今っぽいシルエットになってます。

サイズ感はかなり大きめですが、袖周りはそこまでゆるくなく野暮ったい印象はありません。

袖を通すとキレイなAラインのシルエットはさすがだなあといった感じ。

素材は雨風を通さないブロックテック、着心地はすこし硬いです。

ただ、スポーティーな感じはないので使いやすそうです。

ボタンがチープですが前を閉めたときは比翼仕立てでボタンが見えないので、良しとしましょう。

ブラウンを購入。

『ウールブレンドチェスターコート+E』もヴィンテージライクな表情でかなり良かったのですが、やはりボタンのチープさが気になったのと、個人的にちょっとチェスターコートに飽き気味だったのでステンカラーコートを選びました。

ドレスアイテムであるチェスターコートを絶妙なバランスで今っぽくカジュアルダウンさせているので、何に合わせてもサマになる1枚でしょう。

チェスターコートを探している方には間違いなくおすすめです!

まとめ

今回のユニクロUコレクションは全体的にサイズ感が大きめでクセのあるアイテムも多いので、万人受けはしないかもしれません。

でも試しやすい価格ではあるので、ワイドサイズで着崩す着こなしに興味がある人はこの機会に少しだけ取り入れてみるのもいいかもしれません。

きっと、また新たなファッションの楽しさを見つけられると思います。

それでは、また!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




最後まで読んでいただきまして有難うございます!何かしらの参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。シェアボタンはこちらからどうぞ。

フォローしていただけると更新を見逃しません!